ルクルーゼ デューン

ルクルーゼのデューンと、定番のホワイトを比較すると。

ルクルーゼ2007春 シーズンコレクション“ DUNE“ デューン
ルクルーゼファンであれば、すでにおなじみかもしれませんが、
ルクルーゼ、春夏の限定商品「デューン」。
ちなみに、“ DUNE“ デューンとは英語で「砂漠」を意味していて、
その名の通り砂漠を思わせる柔らかなベージュのグラデーション。
大人っぽくって上品なカラーですよね!
とてもやららかいイメージのデューンは、
和食をはじめどんな料理にも映えます。
定番カラー「ホワイト」と限定カラー「デューン」を比べてみると、

単独でみるとわかりにくいですが、比べてみると違いが分かるんですよ!
デューンはグラデーションになっています。
デューンは落ち着いているので、
アンティークな雰囲気もあります。
オシャレでカラフルな色目が多いルクルーゼですが、
ブラック系やデューンなどはキッチンが落ち着いた雰囲気になるので、
一つは持っていたいルクルーゼの鍋の色目ですよね。
どんなお料理にも好く合うホワイトやデューン。
他のキッチングッズにも良く合いますよね。春らしく、そして夏らしく・・・!
ルクルーゼの鍋は、季節限定で新しいカラーが発売されるので、
ルクルーゼの鍋を持っていても、新しく欲しくなってしまう。
贅沢な悩みは尽きないですね。
ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼ モスグリーンを、こんな色の組み合わせで。

ルクルーゼモスグリーンを欲しいけれど、

他のルクルーゼの色と迷ってしまう、、、

なんて声がよく聞かれますが、

私個人的に、ルクルーゼモスグリーンに合う色は、

白や、ワインレッドなどの色が合うと思います。

和食というよりも、ワインが似合うイタリアンが、

料理にはピッタリだと思います!

イタリアンと言わないまでも、

澄んだ色のスープなんか、

ルクルーゼモスグリーンの色がとても映えて、

テーブルにおいても、画になりますよね。

日本で一番人気のルクルーゼの色は、

オレンジと言いますし、

本当に迷っている方は、二個目のルクルーゼの鍋にでも、

検討してみてはいかがですか?

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼ サテン ブルーが、売れ残ってるなんて!?

ルクルーゼサテンブルーといえば、

限定品として有名で、

どこのお店でも、売り切れ続出となっていますが、

おきらくJournal 乙女の気まぐれ日記は、

売れ残っているルクルーゼサテンブルーを、見つけています!!

ウィンドウショッピングの際に、偶然見つけたみたいですが、

案外、意外なところに、 置いているのかもしれませんね

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼ サテン ブルーは、レトロな昭和の香り。

ルクルーゼサテンブルーは、

日本国内販売品ではなく、

ルクルーゼ直輸入品の、ルクルーゼ新色です

ルクルーゼサテンブルーの、うすい青色が、

ちょっと、レトロな感じをかもし出しています

まるで昭和という、時代表現がピッタリかも

また、

喜びが伝わってくる、ルクルーゼ購入レビューを見つけたので、

ぜひぜひ、参考にしてください!!

そして、ルクルーゼサテンブルーは、

前述の通り、ルクルーゼ直輸入品です

海外の手作りという事もあり、

気泡や、多少のムラがありますが、

それもルクルーゼの味として、ご理解くださいね。

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!
【20%off超レア!!バーゲンセール!!】ル・クルーゼ ココットロンド 20cm サテンブルー(SKYBLUE)

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼ コケルとの出会いは、運命の赤い糸。【ルクルーゼ 鍋】

ルクルーゼ コケルは、
インダストリアル・デザインの第一人者、レイモンド・ローウィが、
ルクルーゼのために、
1958年に発表した鋳物ホーローです
ヨーロッパの蚤の市などで、
たまにお目見えすることはあっても、
ルクルーゼ コケルをお店で、
しかも、新品を手に入れることは、
不可能なルクルーゼ 鍋だったのでした
しかし、ルクルーゼ本社設立80周年となる2005年は、
の復刻版が限定発売されることに
ところが、全世界で限定個数しか作られない上に、
以後、
は、二度と生産されないそうです
そんな、とってもレアな

見つけることがあれば迷わずに、
運命の赤い糸の出会いと思い、
即決断、即購入をオススメします

ルクルーゼ コケルの在庫を知る
ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼ センセーション ラインは、煮込み料理に重宝してます。

ルクルーゼで料理をする事になったのは、

どうしてもロールキャベツを作りたくなり、

昨日の夜、ハンバーグを食べた後に、

せっせと作り始めました。

ポイントは煮倒すことらしい、、、。

昨日5時間、今日1時間。計6時間コトコトしました。

先月、仕事中についつい買った、

ルクルーゼのセンセーションライン4点セットの

ル・クルーゼセンセーション・ラインココット・マルチ・ファンクション24cm」を使いました!

ごくごく弱火でOKで、煮込み料理にいいですね。

キャベツがほんとトロトロで、

コンソメスープにエキスが

煮込んだだけのこと、あります。

ほっとけばいいだけの手間?

でこんなにおいしくなるなんて、

これからも煮込まずにはいられません。

(ガス代が少しばかり気になるけど・・・)


と、ルクルーゼの鍋を、早速使ってみたという声を紹介しましたが、

ルクルーゼのセンセーションラインは、

素敵なデザインだけではなく、

煮込み料理に最適な構造で、

他のルクルーゼの鍋とは違う魅力がありますよね!

私も以前、豚の角煮を煮込んだ事がありますが、

確かに、ガス代が気になったのは記憶に残ってます。

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼのモカを、品薄の中、やっと見つけました!

ルクルーゼを買うなら、この色!

と、決めていた、ココットロンドのモカ

やっと、買えました

探して、探して、待って、やっと!

遅ればせながら私も、ルクルーゼデビュー

こんな私でも、上手に楽しく

おいしい料理が作れそうな・・・

そんな、勘違いができます

最初の料理、何つくろ?。。。


と、ルクルーゼデビューをした、

うれしい報告をご紹介させていただきました!

しかも、ココットロンドのモカ とは、

2006年の秋冬デビューにピッタリな色ですね

そろそろ肌寒くなってきたので、

ルクルーゼの鍋の中でも、

煮込み料理の得意なココットロンド 。

せっかくのモカの色を生かして、

ホワイトシチューのレシピなんかを調べてみて、

チャレンジしても、いいんではないでしょうか?

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼのホーローは、はがれたら修理?

ルクルーゼの鍋を空焚きしてしまい、

全体がはがれるのではなく、

はがれた所が、部分的にぶちになってしまい、

内側のホーロー部分を駄目にしてしまいました、、、。

そのまま、ルクルーゼの鍋を使っても平気なのか?

そんな、疑問の声をいただいたので、

お答えさせていただきます!

ホーローがはがれると、

有害物質が発生するという噂がありますが、

ルクルーゼのホーロー面および、鉄部分から、

有害物質が、流れ出る事はありません

ルクルーゼの鍋は、化学反応を起こしたり、

有害物質が溶出する事はなく、

鉄部分から出るサビは、鉄サビなので、

人体には問題ないと、ルクルーゼ 公式サイトでも、

発表されておりますので、安心ですね

ただ、ルクルーゼの製造工程上、

修理やメンテナンスを行っていないのが、少し残念です。

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!【送料無料】ルクルーゼココットロンド20cm【楽天シニア市場】【キッチン雑貨101205】

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼで最初に買った鍋は、ココットロンドでした。

ルクルーゼを愛用しています

はじめて使ったのは、ココットロンドの20cmで、

オレンジをとても気に入ってます!

そんな、ルクルーゼココットロンドを使って、

喜びの声が届いていますが、

ルクルーゼといえば、オレンジっていうイメージですよね!

ちなみに、日本ではオレンジが人気色みたいです。

また、ココットロンド は、

ルクルーゼのロングセラー商品で、

色々な料理を作ることができるので、

最初に購入する鍋には、ピッタリですね

それにしても、ルクルーゼは、どれも素敵な色で、

選ぶのに困ってしまいますよね。

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!
【送料無料】ル・クルーゼ ココット・ロンド オレンジ 20cm

ルクルーゼ 鍋

ルクルーゼの鍋で、水なしでできる肉じゃがの秘密とは?

ルクルーゼの鍋を使い、

水なしで肉じゃがが作れる秘密には、

ルクルーゼの鍋の、構造が一つです

というのも、雪平鍋などに比べ、

ルクルーゼの鍋は、

鍋自体が厚手で、

口径があまり広がっていなくて、

水分を逃さない構造だからです

つまり、野菜自体の水分を引き出し、

そしてその水分を鍋から逃さず、

調味料自体に、しっかりとうまみが溶け出すんですね

まさに、ルクルーゼの魅力たっぷりの、調理法です

ルクルーゼのレシピでおいしい料理。ルクルーゼの魅力は満載!